40代以降に必要なペプチドとは

こんにちは。突然ですが、ペプチドという成分はご存知ですか?近年化粧品に配合されたり、美容医療で使われたりと、少しずつ耳にすることが増えてきた美容ワードですが、どのような効果があるのでしょうか。

実は、ペプチドは保湿をしながら細胞を若返らせてくれる特別な成長因子なのです。とはいえ、どのような実態なのか良く分からない方がまだまだ多いため、今回はこのペプチドの美肌効果についてご紹介していきます。



1.ペプチドとは?

まずペプチドとは、アミノ酸が2つ以上つながった分子の一つで、タンパク質の仲間です。性質として血圧や血糖値をコントロールしたり、抗酸化力や免疫力を高めたり、炎症や体力、睡眠や記憶力等をつかさどる機能を持っています。

その中でもオリゴペプチドは10個以下のアミノ酸が結合したペプチドのことをいい、アミノ酸が70個以上長くつながったものはタンパク質になります。

近年、ペプチドが栄養素としてタンパク質やアミノ酸よりも体内に吸収する面で優れていることが分かり、肌の健康やエイジングケアに重要な成分として注目されています。

では、ペプチドはどのように肌に良い影響を与えるのでしょうか?



1−1.シミやくすみ、ゴワつきの改善

EGF (上皮成長因子)と呼ばれるペプチドには、ターンオーバーを司る表皮幹細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させて肌のターンオーバーを正常に戻してくれる働きがあります。他にも表皮細胞のDNAを合成・修復し、細胞の新生、老化細胞の再生を促進します。その結果、シミやくすみ、ゴワつき改善への効果が期待できます。


1−2.シミやしわ、たるみの改善

FGF (繊維芽細胞増殖因子)は、真皮にある細胞を活性化する成分が含まれているペプチドです。活発に働くことで保湿しながら繊維芽細胞と呼ばれるコラーゲンやエラスチンなど若々しくハリのある肌を保つ成分を生成する細胞を増殖させます。

その作用によって、お肌の若返りを促進し、しわやたるみの回復に期待が持てます。



1−3.肌の再生と新しい細胞の生み出し

IGF (インスリン様成長因子)は成長ホルモンの機能に似たペプチドで、昼間にダメージを受けた細胞の再生を夜の間に促進します。上記のEGF・FGFの効果を高める働きもするため、肌のハリを回復させ、シワやたるみの予防と解消に効果を発揮します。


2.ペプチド配合コスメ、その効果は?


これらのペプチドが配合されている化粧品は、ここ最近になってちらほらと見られるようになりました。実際に経皮吸収することで年齢とともにハリや弾力がなくなったと感じている方のお肌に最適なバランスで作用し、肌のターンオーバー調整補助をおこなってくれます。

しかし注意してほしいのが、これらの成分は、女性ホルモンと同じように増やしすぎても意味がないということです。

仮に過剰に摂りすぎると加齢を加速させてしまい、脱毛や体の不調など悪影響になりうることもあります。そのためしっかり効果を出すためには質やバランスにこだわった化粧品を選ぶことが重要になります。


お肌の新陳代謝活性化、ターンオーバーの促進、年齢と共に減少することで老化現象をもたらすEGFを補給することで老化現象の改善効果と共に、シミケアには最適な美容液になります。


3.おすすめの美容液

ラナン大阪では、複数のペプチドが配合されている「ヤマノ E・G・Fセラム KL」を大変ご好評いただいております。

こちらのセラムには、EGF、FGF、IGFと同じ作用のペプチドを配合しており、更にコハクエキスREを新たに配合し、パワーアップさせました。

テクスチャも程よいとろみ感で浸透力もアップしており、乾燥してきた朝晩のお手入れにも最適です。その他にも、プラセンタエキス・ヒアルロン酸・レスベラトロール・リンゴ幹細胞エキス・アルガーアスピノサ芽細胞エキスなどの厳選された美容成分を配合しているため、さらなるエイジングケアが望めます。




この記事を読んでご興味がある方は、お声がけください。


2回の閲覧0件のコメント

© 2020  RANUN .