40代で肌の衰えを感じる原因とは?

40代になってから「お肌が変化した」と感じたことはありませんか?

日々ケアをおこなっているのに乾燥しやすくなった、ハリやたるみといったお肌の悩みが目立つようになってきますよね。

40代からはどんなにキレイなお肌の方でも、エイジングケアをしていなければ、女性ホルモンの影響や保湿力の低下、皮膚の老化などが原因でお肌は確実に衰えていきます。

今回は、40代以降のお肌への影響と当サロンでの施術についてご紹介していきます。




1.こんなお悩みありませんか?

・乾燥が気になる

・くすみが消えない

・顔のたるみが気になる

・しみが増えた気がする

・ほうれい線が目立つようになった

・目の下のクマがなかなか取れない

・毛穴の開きが気になる


40代になるとこのようなことでお悩みの方が多くいらっしゃいます。

ラナン大阪では、様々なメニューをご用意しており、経験豊富なスタッフがお客様のお悩みに合わせて最適な組み合わせをご提案いたします。



2.加齢によるお肌への影響


2−1.エストロゲンの減少

︎40代女性に多いお顔の悩みとして、しみや肝斑があげられます。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌は30代をピークに減少していき、特に40代後半は閉経が近づくこともあり、著しく減少するため肌へ影響が出るといわれています。

エストロゲンは、全身の健康や女性の美しさに関連するホルモンといわれ、肌の水分保持や、ハリ・弾力をキープする役割があるホルモンだといわれています。

エストロゲンが減少すると髪の艶が無くなったり、肌が乾燥やキメの乱れなど、影響が顕著に現れるようになります。

他にもエストロゲンの現象によって悪玉コレステロールの増加や骨粗しょう症、体重増加など、生活習慣病のリスクも高くなるそうです。




2−2.保湿因子の減少

︎肌が潤っていて、外からの乾燥を防いでくれている理由は、以下の3つの因子が関わっています。

まず、肌の水分を留めたり、肌を柔らかくなめらかにしたり、バリア機能を助けるなどといった働きをする「皮脂膜」、肌の水分量を維持しながら外部刺激から守る「角質細胞間脂質」、角質層に水分を取り込む吸湿性と、取り込んだ水分を逃さないようにする保湿性の機能を持ち合わせている「天然保湿因子」の3つが肌の潤いを保つバリア機能として働いています。

しかし、年齢と共にこれらの保湿因子が低下します。


お肌への影響としては、シミやしわ、くすみ、かゆみ、赤みといった肌トラブルが急増するともいわれています。

しかし、ファンデーションやコンシーラでは隠せないほど肌が荒れてしまうケースもあるのだとか。

また、顔だけでなく腕や背中、足が乾燥したことによる痒みなども……。

加齢により皮脂の分泌量も不安定になるため、水分不足だけでなく、皮脂不足によっても乾燥が引き起こされます。



3.当サロンでの施術について

︎ラナン大阪では、40代の方向けにエイジングケアを中心としたラテスパメニューと併せてフェイシャルメニューや夏限定の毛穴の汚れ除去に効果的なクレイパックなどをご用意しています。加齢による乾燥やシワ・くすみなどでお悩みの方は一度で効果を実感していただけます。スタッフ一同お待ちしております。

次回は年齢とともに増えるお肌の悩みの原因と40代に適したスキンケアの対策についてご紹介しておりますので、今のお肌状態から改善したいという方は是非併せてお読みください。



1回の閲覧

© 2020  RANUN .