活性酸素は40代のお肌にとっては天敵!?



「歳を重ねれば、誰でも老化するからお肌も同じように老化する」、とそんな風に「加齢」と「老化」をイコールに考えていませんか?それは大間違いです。


「加齢」は歳をどれくらい重ねたかを示すもので、「老化」は加齢の過程の中でその人の生活習慣や環境によってからだの機能が徐々に衰えていくことをいいます。そのため歳を重ねた方でも若々しく見える方もいらっしゃいます。

この「老化」を加速させる原因には活性酸素が大きく関わっていることが分かってきました。

今回は活性酸素がどれくらい老化に影響してしまうのかをお伝えし、おススメの改善方法をご紹介していきます!



1.活性酸素って何?


人は呼吸をして生きていますが、呼吸で体内に入り込んだ酸素が身体中を巡り、エネルギーとして変わったときに副産物として活性酸素が発生します。一般的に体内に取り入れた空気のうち約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素は、細菌の増殖を抑えウィルスを撃退し、感染防御するなどからだを守ってくれる大切な存在です。


2.活性酸素とお肌の老化が関わっているって本当?


上記でもお伝えしたように体内にとって重要な役割をおこなっている活性酸素ですが、問題は増えすぎると正常な細胞を壊してしまったり、遺伝子をも酸化してしまうなど人体に悪影響を及ぼします。

活性酸素によって攻撃された細胞はコラーゲンを作る力が弱くなり、表皮のメラノサイトを攻撃しメラニンの量が増え、結果的にシミやしわが増え、肌が老化する原因となります。


3.エイジングケアに必要な力とは(抗酸化力とは)?


活性酸素によって受けた細胞のダメージを修復するのが抗酸化力です。

そのため活性酸素が常に体内で作られていても身体を維持することができています。

人のからだにはこのような仕組みが備わっていて酸化を防いてくれますが、20代をピークとして、40歳から急激に減少し始めます。40歳までは抗酸化力によって活性酸素を抑え込めていましたが、40歳あたりから活性酸素の力が上回り老化が進み始めます。

40歳になってから「シミが消えない、むしろ濃くなった気がする。」「シワが増えたかも」と感じるのはこのためです。


4.抗酸化力をアップさせましょう


抗酸化力をアップさせるには、食品や化粧品で積極的に取り入れる必要があります。

食品だと、ゴマや玄米、緑茶などビタミン類やポリフェノール類は抗酸化物質が含まれる種類の食品のためそれらを意識して摂取すると良いでしょう。

お肌には、抗酸化作用のあるナノプラチナ配合のジェルや美容液を使用することでダイレクトにお肌の奥深くまで抗酸化パワーが浸透し、潤いを与えてくれます。



ラナン大阪では、抗酸化作用のある「モイストナノジェル」を取り扱っているほか、お肌の若返りをサポートしてくれる美容クリームなど40代向けエイジングケア商品も取り扱っております。

ラテスパのパワーでお肌の基板から酸化を抑え、日々のケアで若さを保ちましょう!


40代以降は、意識的に抗酸化力を補っていくことも必要になってくる年代です。お肌の不調でお悩みの方のご来店をお待ちしております。


3回の閲覧0件のコメント

© 2020  RANUN .