汗をかく事には実はメリットがいっぱいあるんです‼︎

暑い季節に「汗をかくのはイヤだ」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、汗は人の体や健康維持にとってとても大切な役割を持っています。まず、かいている汗がべったりしていませんか?その場合はあなたがかいている汗は「悪い汗」なのかもしれません。

今回は良い汗をかく理由とかくメリットについてお伝えしていきます。



1.汗にも種類があるの?

一言に「汗」といっても、実は良い汗と悪い汗に分かれており、普段から汗をかく習慣がある方は良い汗が出やすいとされています。反対に運動不足や、普段運動等で汗をかいていない方は悪い汗が出やすいとされています。良い汗はサラッとしていて、無臭なのが特徴です。

また、良い汗は汗自体が小粒で乾きやすく、汗をかいたあとスッキリしているというのもポイントです。それに対して悪い汗は、かいた後もベタベタしていて、臭います。汗の玉が大粒なため乾きにくいのも悪い汗の特徴です。



2.良い汗をかくメリットは

いい汗はかくにあたって沢山メリットが多くあるんです。 では、いくつかご紹介していきます。


2−1.皮膚の保湿

まず汗をかくメリットは「みずみずしい美肌になること」です。

汗には肌をふっくらとさせて保湿する成分が含まれています。これを保湿因子といい、保湿因子の中でも汗をかくと皮脂と汗が混ざり乳化することで皮脂膜を形成します。このできた皮脂膜は皮膚の乾燥を防いでくれる役割があり、潤いのあるお肌をキープしてくれます。

ただ、汗をたくさんかきすぎてしまうと皮脂膜が大量の汗で流れてしまうため、反対に皮膚の表面が乾燥しやすくなってしまう場合があります。

皮脂と汗のバランスが大切なので、夏場などの暑い時期は汗をかきすぎた時に放置するのではなく、適度な汗をかくために室内の温度を調整することや適度に水分を取りながら日陰へ移動するなどの工夫をおこないましょう。このようにこまめに調整すうことが肌の潤いを保つ上で重要になります。




2−2.むくみの解消

2つ目のメリットは、「むくみを解消できること」です。

むくんでいる身体は水分を溜め込んでいる状態のため、疲れやすくなる・体が動かしにくいなど様々な不調を引き起こします。

また、むくみは体が冷えているから起こります。体が冷えていると内臓の働きが鈍くなります。特に腎臓は体の中にある余分な水分を外に出す働きを担っています。

汗をかくことによって体温が上昇し、全身の血流が促進され、腎臓の働きが活発になり、余分な水分の排出が促されます。

よって浮腫が改善され、痩せやすい体を作ることができるのです。


2−3.上手な体温調整で夏バテ対策になる

3つ目のメリットは「体温調整を適度におこなうことで夏バテ対策になる」ことです。

汗をかき、蒸発した際の気化熱によってこもっていた熱を逃し、体温を下げることができます。また、汗の蒸発だけが夏バテ解消としての役割を果たしているわけではありません。

特にこの時期に必要となってくるのが熱中症対策ですよね。

熱中症は体内の水分と同時に塩分など体に必要なミネラルが出ていってしまうことによって起こると考えられています。しかし、人の身体の汗腺機能として、汗の元となる血液をくみ取ったあと、ミネラルを血管内に戻す再吸収機能という働きがあるのです。

この機能が正常に働くことによって体内に必要なミネラルを保つため、熱中症を予防することができます。

よって汗をかくことが熱中症予防として重要な働きをしているといえます。


2−4.殺菌効果

汗の効果の中でも殺菌効果があるということは意外にも知られておらず、隠れた有益な効果になります。

汗には殺菌作用のある成分が含まれており、病原性を持つような細菌や病原体を殺菌するのに役立ちます。

ですので、良い汗をかくと殺菌作用によって肌を清潔に保つことができるのです。


2−5.皮膚のターンオーバー効果

皮膚の表面を覆っている角質層は日々新しく生まれ変わっており、汗は古い角質層を剥がす酵素を持っています。汗をかくことでこの酵素の働きが活発になり新しい皮膚に生まれ変わる補助をおこなってくれます。


他にも運動などをして汗をかくことで気持ちをリフレッシュさせられる効果が期待できるなど様々なメリットがあります。


ラナン大阪では、お客様がお肌を清潔に保てるようラテスパで毛穴の洗浄を徹底しておこなっています。毛穴が詰まっていては良い汗もかくことができませんよね。




もちろんラテスパだけではなくマッサージなど、お客様のご要望に応じたメニューをご用意しておりますので、気になる方は是非一度当サロンへお越しください。





3回の閲覧

© 2020  RANUN .