夏の肌トラブルについて

梅雨が明ければいよいよ夏本番ですね。海も山も思い切って楽しめる季節がやってきます。

しかしお肌の大敵となる紫外線も7月~8月にピークを迎えます。また、夏は一年の中で最も気温や湿度の高くなる季節です。一方、室内では冷房や除湿などの空調により空気が乾燥してしまうこともあります。汗による肌のベタつきや皮脂油も気になります。



1.夏になると肌が変化する?


夏に肌が変化して化粧ノリが悪い、脂っぽいという人が少なくありません。

その理由はなんでしょうか?


まずは「室内外の気温の差」と湿度の差です。

室外は気温も湿度も高く、一方室内ではエアコンの冷房や除湿機能により低い気温と湿度…ここを行き来すると身体はもちろん肌が対応このギャップに対応しきれず、元々備わっているバリア機能が低下してしまうのです。


次の理由は「紫外線」です。一年でもっとも紫外線が強いのは、夏です。

肌から出る皮脂に紫外線が当たると、その皮脂が酸化して、過酸化脂質に変化します。

この過酸化脂質は老化の原因となる活性酸素を発生させます。

更に外界の刺激から肌を守る「バリア機能」を壊して肌にダメージを与えます。

他にもシミの原因となるメラニン色素の過剰生成をも引き起こすなど良いことはありません。

そして、3つ目に「お手入れ不足」です。

夏は、他の季節に比べると汗をかきやすいのでその水分で「肌がうるおっている」と勘違いしがち。

そのまま放置してしまい、お手入れ不足に陥りがちに…。

この時期におざなりなスキンケアをしていると、秋から冬にかけて本格的な乾燥シーズンを迎えたときに肌の水分が十分に無く、悪化してしまうという怖い結果になります。

特に敏感肌の方の場合は、夏のお手入れ不足は、よりゆらぎやすい肌になりやすく、 シミやシワなどの肌トラブルを引き起こすことにもつながります。


2.夏の4大トラブルってなに?

夏のトラブルといえば、肌のベタつきやカサつき、ヒリヒリなど、悩みがつきませんね。夏特有の肌トラブルにはどんなものがあるのでしょうか。



1.紫外線による日焼け


日に焼けて肌が黒くなるのは、肌のバリア機能が紫外線に反応してメラニン色素を作るためです。

日焼けの他にシミやソバカスなどの色素沈着も、その影響でできるといわれています。また、肌にとって日焼けはやけどと同じ状態です。肌の炎症がひどくなると皮むけや水ぶくれを引き起こすこともあります。

まずは、日焼けをしないように紫外線対策を行うことが大切ですが、もし日焼けをした際には、正しいケアが重要になってきます。


2.夏特有の乾燥


夏は湿度が高くて、汗もよくかくのになぜ乾燥するの? と思われるかもしれません。

夏のお肌が乾燥する理由は、「お肌の免疫機能が紫外線で弱っている」「除湿機能や冷房などで乾燥した室内にいる」「お風呂での身体の洗いすぎ」の3つが挙げられます。健康的なお肌は角質層内に水分を保つ事ができますが、紫外線でダメージを受けて炎症した肌では難しく、すぐに水分を蒸発してしまうのです。また、室外と室内の温度と湿度差がお肌に急な変化を与える事でストレスを与え、お肌のバリア機能を奪います。



3.汗によるあせもやニキビ


夏にたくさん汗をかいたとき、同時に皮脂も分泌され、その皮脂が毛穴に詰まることでニキビやあせもの原因になるといわれています。

また、汗は水分のほかに塩化ナトリウムや尿素などでできています。拭き取らずそのままにしているとその成分が肌を刺激し、かゆみを引き起こしてしまうこともあります。


4.薄着や肌の露出による虫刺されやかぶれ


夏は半袖やノースリーブ、ショートパンツなどの格好で夏を涼しく過ごすことが多いためどうしても露出が多くなってしまいます。お肌が無防備な分、野外は特にどうしても虫刺されや草によるかぶれは多くなってしまいます。



肌トラブルはできるだけ防ぎながら夏を乗り越えたいですよね。夏のトラブル回避のための対策について次回の記事でお伝えしたいと思います。





10回の閲覧

© 2020  RANUN .