夏のマスク荒れに要注意!マスク着用による肌荒れの予防&対策法について

新型コロナウィルスの影響で手放せなくなったマスク。感染予防として長時間マスクを着用する機会が増えましたが、それに伴う肌トラブルに悩む人も同様に急増しています。

新しい生活様式における肌荒れやニキビ、乾燥などのトラブルの原因と対策に加えて、マスク着用時における効果的な対処法についてご説明します。





1.マスクによる肌荒れを約8割以上の人が実感


ある美容メーカーの調査によると「マスク着用の時間が長くなったことにより、肌の不調やトラブルを感じていますか」という質問に対して、約8割の方が“はい”と答えていることが分かっています。その中でも最も多くが「ニキビや吹き出物」、続いて「肌のかゆみ」や「肌の赤み」などが挙げられています。例年と違う今年の夏は、多くの人がニキビや肌のかゆみなど、何かしらの肌のトラブルで悩んでいるようですね。



2.マスク着用時に注意すべき肌トラブルは何?


2-1.マスクの摩擦による“ニキビ”


マスクを頻繁に着脱することで、肌とマスク繊維がこすれ合い、肌の角質表面が削られます。それによって肌のバリア機能が低下して、少しの刺激でも赤みやかぶれ、ニキビなどを起こしやすくなるのです。

特に今年の夏は、マスク着用時に口からあごにかけて大人ニキビができた・悪化したという方が多いようです。



2-2.マスクの中は実は“乾燥”している!?


マスクをしていると、吐く息の水蒸気がマスク内に広がって、一時的に保湿されます。しかしマスクを外した途端、マスク内部の湿気が蒸発した際に一緒に肌の水分を奪うため一気に乾燥に傾きます。

マスクをつけている間は肌が潤っているような感覚があっても、外した時にかさつきやつやごわつきを感じることがあるのはそのためです。

更に肌が乾燥すると肌表面のバリア機能が低下し、細菌やウイルスに感染しやすくなります。するとニキビだけではなく口唇ヘルペスや湿疹ができやすくなります。同時に化粧ノリが悪くなり、肌のごわつきやザラつきの原因にもなるという悪循環に陥ります。



2-3.マスクの素材や付着した花粉やホコリも肌荒れの原因


人によって程度は異なりますが、マスク着用による炎症で口の周りが赤くただれたり、乾燥したような粉をふくことがあります。突然かゆみが出たり、熱めのお湯で洗顔するとヒリヒリとした刺激があらわれるのが特徴的です。またマスクに付着したホコリや汚れ、花粉による肌への刺激も肌荒れの原因に繋がる場合があるので不織布のマスクは使いまわさないようにしましょう。



3.肌荒れにはどう対処すれば良いの?


3-1.マスクにコットンを挟む・保湿クリームの使用


マスクによる摩擦をおこさないためにも最も重要なのは、刺激が少なく肌あたりが良いマスクを選ぶことです。

とはいえ、手持ちのマスクを使って対処したいですよね。なので手持ちのマスクで肌荒れを起こしてしまう場合は、コットンを肌に乗せてからマスクを着用することをおすすめします。もしくは、よく肌荒れを起こす箇所に保湿効果として優れているクリームを使用するのも効果的です。皮膚表面を保護し、保湿をおこなってくれるため摩擦と乾燥の両方が軽減されます。また、汗をかいたらこまめに皮脂をティッシュでオフすることも大切ですね。




3-2.素材やサイズの調整


マスクの中が蒸れた状態というのは雑菌が繁殖しやすく、肌荒れやニキビを悪化させる原因のひとつにもなりえます。通気性の良い素材のマスクを選ぶことがベストです。そして、マスクがフェイスラインぴったりとフィットしていると摩擦で肌荒れが悪化することが多いため、サイズは小さすぎず少し余裕のあるものを選びましょう。 


3-3..マスクの中の日焼け止めには工夫を


マスク着用時におけるメイクのポイントをお伝えします。日中仕事や用事でマスクを長時間着用する場合は、朝のスキンケア時にマスクで覆われる箇所、特に鼻や鼻の横の部分には敏感肌用の日中用のクリームやUV下地に変える、もしくは使用量を少なめに調整するなどの工夫をおこないしましょう。

敏感用クリームにすることで摩擦で赤みや炎症を起こしている肌に負担をかけず日焼け対策ができます。

そして、使用量を少なめにすることで吐く息の水蒸気でマスク内にこもった日焼け止め特有の臭いを軽減しマスクにメイクがべったりと着くのを抑えてくれます。


まずは、現時点でできてしまったニキビや吹き出物に対して、患部をよく洗顔料で洗い、化粧水などで十分保湿をおこないましょう。痛みをともなっていたり赤く膿みを持つ場合は、勝手に手でつぶしたり、押し出すと痕が残るので注意してくださいね。



3-4.乾燥対策には、しっかり洗い&たっぷり保湿を


夏は紫外線やエアコンによる乾燥のダメージが増えてくる時期です。肌の乾燥を防ぐためには、保湿のケアが最も重要です。古い角質を除去し、お肌に合った化粧水やブースター・保湿クリームで肌をほぐすことが潤いのある肌を作る第一歩です。また、UVクリームを使用した場合は、クレンジングや洗顔などで根こそぎ落とすケアをしましょう。毛穴に詰まった化粧残りや汚れが落としきれていないと、毛穴が詰まりさらなる肌荒れを引き起こしてしまいます。

ですので、帰宅してマスクをはずしたら、まず丁寧にクレンジングと洗顔をおこないましょう。その際は外でダメージを受けた肌への負担が少ないクレンジング剤や洗顔料を選んでください。


ラナン大阪では、夏限定で洗顔料やクリームをご用意しています。

日々溜まってしまう皮脂汚れ・べたつき、メラニンを含む古い角質を泥のパワーで除去し明るいお肌へと導いてくれます。夏のお肌を清潔に保ってつるつるなお肌を目指しましょう。





ラテスパはマスクによる肌荒れでお悩みの方にも炎症部分に刺激を与えず、アクネ菌を除去して、毛穴を綺麗に洗浄してくれます。夏の間は特に肌が敏感になっているため大変人気です。

夏限定の商品やメニューなどもご用意しておりますので、今までラテスパが気になっていた・マスクの肌荒れが気になってきたという方は来店をお待ちしております。

今年の夏も、感染予防をおこないながらニキビ知らずのお肌を作りましょう!


4回の閲覧

© 2020  RANUN .