•夏に欠かせないケアとは?

1.日焼け対策


夏の強い日焼けを防ぐアイテムといえば、日焼け止めです。日焼け止めは、SPF値の高さを重視する方もいますが、こまめに塗り直すことが重要だといわれています。汗をかいた時やお化粧直しの時にも塗りなおせるように持ち運びましょう。また日焼け止めと併せて日傘や帽子などの頭皮アイテムも上手に利用してくださいね。一度できてしまったシミ・ソバカスには、早い段階で専用美容液で集中ケアをおこないましょう。日中の日焼け対策には美白効果のある化粧下地やファンデーションも良いとされています。


2.乾燥対策


夏の間は基本の保湿ケアを徹底することがお肌の乾燥を防ぐのに効果的です。特に夏後半は、蓄積された半年分の紫外線ダメージやエアコン乾燥で肌は水分不足の状態に。基本のケアに+αして特に乾燥が気になる箇所に保湿美容液や、クリームを取り入れてみましょう。


3.洗顔ケアの注意点


夏に限ったことではありませんが、肌が元々持っているうるおい成分を守りながら、肌の水分保持機能を働かせることも乾燥肌対策になります。

肌には、もともと水分を維持する機能があります。しかし、毎日の洗顔や入浴、摩擦による刺激によって、うるおいは簡単に失われてしまいます。なるべく、洗顔の際は下記のことに注意しすることを意識しましょう。


洗顔のポイント①:洗いすぎない


クレンジングをする際は洗浄力の高すぎるものを使用すると、肌の汚れと一緒に、うるおい成分も一緒に流れ出てしまいます。特にお肌がゆらいでいる時期やホルモンバランスが乱れているときはマイルドなタイプの洗顔料を使いましょう。


洗顔ポイント②:こすらない

洗顔後はタオルでごしごし顔を拭いたり、洗顔時に指などで顔をこすってしまうと、肌の表面が傷つき、ニキビの原因になったり、肌の水分保持機能にもダメージを与えてしまいます。肌を傷つけないように、泡で優しく洗いましょう。また、洗顔だけではなく化粧水をつける際のパッティングにも注意が必要です。パッティングしているからといってパチパチ音を立てるのではなく、肌に浸透させるイメージでおさえるように行いましょう。


洗顔ポイント③:ぬるめのお湯で入浴や洗顔

洗顔時の温度にもポイントがあります。温度が高いお湯に肌が触れると、肌が乾燥しやすくなり、肌のうるおい成分も流出しやすくなります。入浴時に洗顔をする際は、使うお湯の温度を意識して、体温と同程度かそれ以下の温度にすることを心がけましょう。


•夏に取りたい栄養分は?

肌の健康状態は、食生活におけるバランスも大きく影響を受けます。肌の細胞は日々の食事で摂取する栄養素から作られているため、もし栄養不足の状態になっていると、肌の細胞も活性化できず紫外線のダメージにも軽くなります。夏に取りたい食品を3つ紹介します。


食品①:セラミド

セラミドは、人間の肌に存在している保湿成分で、肌の水分をキープするために欠かせない成分です。しかし、年齢とともに自然と減っていくため、30代以降は意識して補うようにしましょう。

セラミドは、ブロッコリー、生芋こんにゃく、トウモロコシ、米ぬか、玄米、などに含まれています。


食品②:ビタミンA

肌のターンオーバーを促し、健康的な肌を作るのに必須な食品が、ビタミンA。主にレバーやウナギに多く含まれています。また、カボチャやホウレンソウ、ニンジンなどの緑黄色野菜はビタミンAにかわるβ-カロテンは含まれているため摂取することをおすすめします。



食品③:タンパク質

タンパク質は肌の細胞の材料となるだけでなく、肌内部にあるうるおい成分の材料にもなります。健康的な肌を育て、うるおいを保つためにも積極的にとってほしい栄養素です。

タンパク質は、主に肉や魚、卵、大豆製品、乳製品、などに含まれています。溜めておくことができない栄養分のため毎日欠かさず食べることが大切です。


●夏の乾燥から肌を守ろう!

いかがでしたか?乾燥から肌を守るためには、食生活などの生活習慣改善と併せて保湿ケアが重要になります。汗や湿度の高さから、つい肌の保湿をさぼりがちになる季節ですが、このケアをどれくらいしっかりおこなうかどうかで秋以降の肌のコンディションが変わります。

日焼けや乾燥はメイクのノリを悪くするだけでなく、老化の原因となるシワや肌荒れなど、様々な肌トラブルの原因にも繋がります。


ラナン大阪では、夏にぴったりのホワイトニングコースや基礎化粧品も販売しています。日焼けを予防したい、自分に合ったワンランクアップした化粧品を使いたい方など是非一度お試しください。お肌に天敵である夏を乗り越えましょう!





11回の閲覧

© 2020  RANUN .