オゾンのコロナへの効果について

1.オゾンによるコロナへの影響について

令和2年5月14日に、奈良県立医科大学よりオゾンによる新型コロナウイルス不活化が確認されました。


オゾン発生器を設置すれば、空気中のウイルスを細胞レベルで死滅させることができ、感染のリスクを軽減させることができます。


ラナン大阪では、ラテスパの施術時にオゾン発生器を使用し、濃密なラテを作り上げています。


ここでは今まで知られていなかったオゾンの殺菌効果について詳しくご紹介いたします。


(注)検証されたオゾン濃度は、人体に影響を与える高濃度のオゾンです。有人下で認められているオゾン濃度で同じ不活化はできません。

不活化は濃度に比例するので、ご家庭や職場でご使用する24時間稼働タイプの商品では、あくまでも感染しにくい環境を創るということを、ご理解下さい。



2.何故オゾンは感染症の予防対策に適しているの?


理由①:強力な除菌力

オゾンはフッ素に次ぐ酸化力を持っていて、更に塩素の約6倍の除菌力が期待できます。


理由②:残留性がない

オゾン(O₃)は不安定な気体で、菌や臭いの物質と結びつくと、水と窒素に分解してしまいます。そのため、残留性が強い塩素など薬剤と比べてオゾンは残留性がありません。


理由③:原料は空気

オゾンの原料は空気もしくは酸素なので薬剤のような補充、管理が不要です。

理由④:隅々まで行き渡る

気体のオゾンは、低濃度オゾンが空間全体に拡散する性質により、手が届きにくい天井や棚の裏まで部屋の隅々まで行き渡ります。


当サロンでは、オゾン発生器の使用後は必ず換気を徹底しております。

綺麗な空気の状態でお客様をお待ちしております。




3.オゾンは人体に有害なの?


高濃度のオゾンは、人体にも動物にも有害です。

しかし、オゾンが危険だというのは、あくまでも度を越したオゾン濃度の環境下に長時間滞在した場合に限ります。

それはオゾンに限らず、水や酸素、アルコールや食品においても適量を守らないと急性アルコール中毒や意識の混濁、昏睡など人体に影響を与えます。

よって人体への有害性の判断は、「オゾンがどの程度の濃度であるか」で見極めることが重要です。


ラナン大阪で使用しているオゾン発生器は人体に影響の無い濃度で使用しているため安心して施術を受けていただけます。



3.オゾンを用いた殺菌と消臭のメカニズム


①殺菌のメカニズム


オゾンによるウイルスの不活化の実験は数多く行われています。

その中でもより注目されているのが、「インフルエンザウイルスの不活化」です。

新型インフルエンザウイルスの周辺には、ノイラミラーゼとヘムアグルニチンという2種類の糖タンパク質が外壁として菌の核を守っています。

オゾンにより、タンパク質の内部に入り込み、菌の遺伝子まで破壊します。

たとえ薬剤耐性のウイルスでも、容易に不活化することができるといわれています。

その破壊力は、塩素の約1.52倍と言われています。


②消臭のメカニズム


オゾンは、悪臭成分に対して反応が早いため脱臭効果の期待ができます。

更に反応後は分解し酸素に戻ろうとするため悪臭、公害に繋がる有害な物質を出しません。

オゾンは、強力な殺菌・脱臭力を持ちながら、安全な物質なのです。



4.まとめ

オゾンの発生器はなかなか市販で購入する事はできません。

ラナン大阪のラテスパではオゾンを使い、いかに刺激を少なく汚れを取るかにこだわっています。

殺菌の他にもオゾンには「美白」や「細胞賦活」「脱臭効果」などがあり、

普段の洗顔などでは取ることの出来ない汚れを、角質(キメ)を壊すこと無く取っていきます。

定期的に継続することにより透明感のある丈夫で健康的なお肌を維持することが期待できます。

また、ラテスパの技術は特許等を取得しておりますのでご安心ください。


コロナ対策においても徹底しておりますので

皆様のご予約をお待ちしております。


1回の閲覧

© 2020  RANUN .